クリームファンデーションとパウダーファンデーションはどちらがいい?

ファンデーション選びといえばまずパウダーファンデーションとリキッドファンデーションの比較が話題になります。

クリームファンデーションは保湿・美容成分を配合していることが多い

手軽に塗付しやすく、落としやすいので肌に負担がかからないパウダーファンデーションとカバー力に優れているリキッドファンデーションは好対照な面があり、どちらを選ぶかによってメイクの仕上がりや肌との相性にも大きな差が出てくるからです。

 

ではクリームファンデーションとパウダーファンデーションはどうでしょうか?

 

リキッドファンデーションの問題点はカバー力に優れている反面密着性が高く落としにくいこと、そして液状でさっぱりしている点。

 

ですから乾燥肌・敏感肌の方が使用すると物足りなく感じるだけでなく、クレンジングの際に肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

かといってパウダーファンデーションではカバー力がいまひとつ、乾燥によるバリア機能の低下を抱えていると小じわなどの悩みが多くなりますから、期待したほど目立たなくさせることができずに役立たないといったケースも出てきます。

 

そんな時にはクリームファンデーションも選択肢の一つになるでしょう。

 

油分が多めで厚めのテクスチャーが特徴となっており、肌を保護する効果にも優れています。

 

またこのタイプの製品には保湿成分をはじめとした美容成分を配合しているものが多く、スキンケアでは十分に保湿対策を行えなかった場合の追加ケアとしても役立てていくことができます。

伸びがあまり良くない、クレンジングで落としにくいなどのデメリットも…

パウダーファンデーションに比べてカバー力が優れているものも多く、使い方ひとつでリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの両方の長所を得つつメイクを行っていくことができるのです。

 

肌質によってはこれが一番の選択肢になることもあるでしょう。

 

ただクリームファンデーションにもいくつかの難点があります。

 

まず厚めのテクスチャなのでリキッドタイプに比べると伸びがあまりよくないのでムラができやすい点。

 

またパウダータイプのように崩れてしまったときに必要な部分にパッパッと使って直すといったことが難しい部分もあります。

 

またやはりパウダータイプに比べると落としにくく、クレンジングの際にダメージになってしまう恐れも出てきます。

 

ですからクリームファンデーションを使う際には薄づけを意識していかに丁寧に塗付していくことができるかがポイントとなるでしょう。

 

パフやスポンジもうまく活用しながら塗付していくとうまく仕上げていくことができます。

 

ちょっと手間がかかり、扱いが難しい部分があるのでそれをいとわない乾燥肌・敏感肌の方にはパウダーファンデーションよりもよい選択肢になるのではないでしょうか?
おすすめPOLAのベースメイク>>

おすすめPOLAのベースメイク

B.A プロテクター(日焼け止め)

B.A プロテクター

紫外線・近赤外線・乾燥から肌をしっかり守る!B.Aの日中用エイジングケアクリーム
11,880円・税込(SPF50、PA++++)
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムM シルキーグロー(化粧下地)

B.A デイセラムM シルキーグロー

B.Aの美容成分も贅沢配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムL ブライトアップ(化粧下地)

B.A デイセラムL ブライトアップ

ブライトアップ効果で明るく自然な肌トーンに調整してくれる日中用美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A パウダリィバームファンデーションM(パウダーファンデーション)

B.A パウダリィバームファンデーションM

軽やかなのに艶めく上品な仕上がりにしてくれるB.Aで最も人気のファンデ―ション
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A クリーミィファンデーションM(クリームファンデーション)

B.A クリーミィファンデーションM

高いカバー力と保湿力が魅力!毛穴をしっかりカバーしながらエイジングケアも
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ リキッド ホワイト(リキッドファンデーション)

ポーラベースメイクホワイティシモリキッド

リキッドだけどテカらない!きめ細かな仕上がりで紫外線も夏の乾燥もケア
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>