BBクリームやCCクリームのカバー力ってどう?

もともと韓国発のコスメとして注目を集めたBBクリームも現在ではすっかり美容アイテムの定番として広く試用されるようになりました。

BBクリームは赤みやシワ、色ムラなどのトラブルをうまくカバーする力に優れている

さらにこのBBクリームに対抗するような形で発売されたCCクリームもスキンケア・ベースメイクの重要な選択肢となっています。

 

この2つのクリームはそれぞれ異なる特徴・メリットを備えているわけですが、カバー力という点で見るとどうでしょうか?

 

たとえばBBクリームはファンデーションとしての役割も兼ねているわけですが、このクリームを使えばファンデーション並みのカバー力を得ることができるのでしょうか?

 

このカバー力に関してはそれぞれのクリームの特徴、どんな目的で作られたのかを知っておく必要があります。

 

BBクリームはもともと火傷痕など肌にできた損傷をカバーするために開発されたものを美容用に使用されるようになったものです。

 

そのためカバー力に非常に優れており、赤みやシワ、色ムラなどのトラブルをうまくカバーしていくことができます。

 

ファンデーションの役割を兼ねている理由のひとつもこの優れたカバー力ゆえなのです。

 

一方CCクリームは肌の色を補正することをおもな目的として作られたクリームです。

健康さを失ってしまった肌の色をカバーしたい場合はCCクリーム

ですからシミやシワといったトラブルを目立たなくするカバー力はあまり備えておらず、ファンデーションはもちろん、BBクリームと比較しても一歩劣ります。

 

こうしてみるとカバー力に関してはBBクリームの勝ち、ということになるわけですが、必ずしもそう簡単に言い切れない面もあります。

 

たとえば広範囲にくすみができてしまった場合、または加齢や疲労の影響で血色が悪くなってしまった場合など、健康さを失ってしまった肌の色を何とかカバーしたい場合にはBBクリームよりもCCクリームのほうが適しています。

 

CCクリームでうまく色を補正したうえでファンデーションを使用すればさらに明るく健康的な肌の色に仕上げていくこともできるでしょう。

 

肌の悩みに合わせてどちらが適しているのかを判断していく必要もあるわけです。

 

またBBクリームですべてのトラブルをカバーできるわけではありません。

 

リキッドファンデーションのようにカバー力に優れたファンデーションでなければ目立たなくさせるのが難しいケースもありますし、BBクリームのうえにフェイスパウダーを重ねることでカバー力をさらに高めるといった使い方の工夫もあります。

 

ですから肌の状態によってどのアイテムが適しているのか、BBクリーム、CCクリームとどう組み合わせていくのかといった工夫も必要になってきます。

 

こうした点も工夫しつつ、この2つのクリームでカバー力を高めるメイクを心がけてみましょう。
おすすめPOLAのベースメイク>>

おすすめPOLAのベースメイク

B.A プロテクター(日焼け止め)

B.A プロテクター

紫外線・近赤外線・乾燥から肌をしっかり守る!B.Aの日中用エイジングケアクリーム
11,880円・税込(SPF50、PA++++)
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムM シルキーグロー(化粧下地)

B.A デイセラムM シルキーグロー

B.Aの美容成分も贅沢配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムL ブライトアップ(化粧下地)

B.A デイセラムL ブライトアップ

ブライトアップ効果で明るく自然な肌トーンに調整してくれる日中用美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A パウダリィバームファンデーションM(パウダーファンデーション)

B.A パウダリィバームファンデーションM

軽やかなのに艶めく上品な仕上がりにしてくれるB.Aで最も人気のファンデ―ション
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A クリーミィファンデーションM(クリームファンデーション)

B.A クリーミィファンデーションM

高いカバー力と保湿力が魅力!毛穴をしっかりカバーしながらエイジングケアも
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ リキッド ホワイト(リキッドファンデーション)

ポーラベースメイクホワイティシモリキッド

リキッドだけどテカらない!きめ細かな仕上がりで紫外線も夏の乾燥もケア
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>