パウダーファンデーションの選び方・使い方

パウダーファンデーションの魅力はまず使いやすい点にあります。

他のファンデーションに比べて塗る際のコツも特にいらず手軽に使える

スポンジを使えば外出先の化粧直しも簡単にできますし、とくにコツを身につけなくてもひととおりベースをメイクをできる点も魅力です。

 

このあたりは使いこなすのに少々慣れが必要になるリキッドファンデーションやクリームファンデーションにはない大きなメリットです。

 

それだけにパウダーファンデーションを選ぶ際にはまず使い勝手がよいかどうかをまずチェックしましょう。

 

肌にフィットするので簡単に塗付することができるか、これは毛穴や肌の凹凸をカバーしてくれるかどうかというファンデーションとしての基本的な機能とも深くかかわっています。

 

何度も肌を擦らないと塗付できない、均一に塗付するのが難しいといった難点を抱えている製品はいくらカバー力に優れていてもよい製品とはいえないでしょう。

 

テカりにくい点も大きなメリットです。

 

これはパウダーがテカりの原因となる余分な皮脂を吸収・吸着してくれるからで、脂性肌はもちろん、夏場のメイクでも重宝する部分です。

 

化粧崩れを起こしやすい人にとっても大きなメリットになるでしょう。

 

このテカり、崩れを防止する作用も製品によってかなりの差が見られます。

余分な皮脂だけを吸着しうるおいは残す機能を備えたパウダーファンデーションも

最近では余分な皮脂だけをしっかり吸着し、肌の潤いとバリア機能に必要な皮脂はしっかり残す優れた機能を備えたパウダーファンデーションも発売されているので商品の紹介ページで詳細を確認したうえで比較検討してみましょう。

 

先ほどの使い勝手のよさともかかわってきますが、やはりカバー力は重要なポイントです。

 

一般的なシミやシワなどのトラブルを目立たなくさせるカバー力に関してはリキッドファンデーション、クリームファンデーションに比べると一歩劣るといわれるパウダーファンデーションですが、粒子の細かなパウダーが配合される製品が増えており、この細かいパウダーが毛穴や凹凸にしっかりとフィットすることで肌全体をならして滑らかに見せることができます。

 

これはマットな仕上がりをもたらすうえでも重要なポイントとなるので配合されているパウダーの内容やメリットについても見ておきたい部分です。

 

使い方に関してはこれらのパウダーファンデーションならではのメリットを活かすことができるかどうかが問われます。

 

テカりや崩れを防ぐためには事前に保湿ケアを行い化粧下地を使ったうえで使用することが重要ですし、細かなパウダーを肌にフィットさせるには擦って塗付するのではなく押し込むように馴染ませていく使い方が求められます。

 

使い方に関してはとくに難しい部分はありませんが、基本的な部分だけにしっかりと踏まえておきましょう。

《パウダーファンデーションの選び方のまとめ》

  • 簡単に塗付することができるかなど使い勝手がよいかどうかをチェックすること
  • テカりにくいパウダーファンデーションを選ぶこと
  • 粒子が細かく毛穴や凹凸にしっかりフィットするパウダーファンデーションを選ぶこと

《パウダーファンデーションの使い方のまとめ》

  • 保湿ケアを行い化粧下地を使ったうえでパウダーファンデーションを使用すること
  • 擦って塗付するのではなく押し込むように馴染ませていくことがポイント

おすすめPOLAのベースメイク>>

リキッドファンデーションの選び方・使い方

リキッドファンデーションとは液状をしたファンデーションのことです。

リキッドファンデーションの最大のメリットはカバー力の高さ

パウダーをポンポンと肌に塗付していくパウダータイプに比べて水分と油分が多いこともあって使いこなすには少しコツがいるタイプでもあります。

 

このリキッドファンデーションの最大のメリットはなんといってもカバー力の高さ

 

パウダーファンデーションではうまく隠すことができないシワ、シミ、くすみといったトラブルも目立たなくさせることができます。

 

それだけに自分が抱えているトラブルをいかにうまくカバーすることができるかを第一に選んでいきましょう。

 

この点どれだけ目立つ肌の悩みを抱えているか、どこまでカバー力を求めるかによってひとりひとり選ぶ基準が異なってくるので自分なりの基準を決めておきたいところです。

 

一方このカバー力の高さとあわせて踏まえておく必要があるのが肌への密着性

 

肌にしっかりとフィットすることで高いカバー力を発揮してくれるわけですが、その分落としにくい特徴も備えています。

 

そのためどうしても洗浄力が高いクレンジング剤が必要になり、落とす際に肌にダメージを蓄積させてしまう恐れがあります。

 

そのためカバー力だけで判断するのではなく、肌に負担をかけずに落とすことができるかどうかも意識して選びましょう。

 

そうしないとトラブルをカバーするためにますますトラブルを悪化させる環境を作ってしまう恐れがあります。

 

この辺りは肌質や肌のバリア機能の状態も踏まえながら判断していきましょう。

伸びが悪いと肌への摩擦の負担が大きいので注意

伸びがよく使いやすいかどうかもぜひ見ておきましょう。

 

伸びがよくないと塗付しにくいですし、ムラなく均一に塗っていくために何度も肌を擦らなければならないケースも出てきます。

 

逆に伸びがよいとパウダーファンデーションよりも摩擦の負担を少なく使用していくことができます。

 

この点はリキッドファンデーションを選んでいく上で非常に重要なポイントとなるので忘れずにチェックしておきたい部分です。

 

使い方はまず額、両頬、顎、小鼻の5ヶ所に置いたうえで顔の内側から外側へと広げていく形で伸ばしていくのが基本です。

 

円を描くように均一に塗付していきましょう。

 

まずは指で塗付した後にスポンジで仕上がるとムラなく仕上げることができます。

 

慣れないうちは液垂れが起こらないよう注意し、鼻筋や目元など塗布しにくい部分はスポンジを軽く押し当てて馴染ませるなどの工夫も取り入れてみるとよいでしょう。

 

このようにリキッドファンデーションは製品選びの段階でひとりひとり基準が異なり、あくまで自分の肌や悩みにあった製品を選びメリットを最大限に活かせるような環境づくりを心がけていくことが求められます。

《リキッドファンデーションの選び方のまとめ》

  • 自分が抱えているトラブルをいかにうまくカバーすることができるかがポイント
  • 肌に負担をかけずに落とすことができるかどうかも意識
  • 摩擦による負担を減らすためにも伸びがよく使いやすいかどうか

《リキッドファンデーションの使い方のまとめ》

  • 顔の内側から外側へと広げていく形で伸ばしていくのが基本
  • 指で塗付した後にスポンジで馴染ませるとムラなく仕上がる

クリーム・エマルジョンファンデーションの選び方・使い方

現在注目を集めているファンデーションの種類がクリームファンデーションとエマルジョンファンデーションです。

油分が多く、リキッドファンデーションに比べテクスチャに厚みと手ごたえがある

どちらもまだなじみがない部分もあるのでどのようなメリットや特徴を備えているのかを確認しておきたいところです。

 

クリームファンデーションとはその名前の通りこってりとしたクリーム状をしているファンデーションのことです。

 

油分が多く、リキッドファンデーションに比べるとずっとテクスチャに厚みと手ごたえがあります。

 

油分が肌を覆って保護する働きがあるので乾燥肌・敏感肌の方に特に適しています。

 

また油溶性のセラミドをはじめとして美容成分を配合した製品も多く、メイクとスキンケアの両方を行っていけるのも大きな特徴です。

 

カバー力も高く、保湿重視でスキンケア・メイクを行っている方には非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

 

ただこのタイプはこってりしていることもあって伸びが悪い面があり、ムラなく塗付していくことができるかどうかが大事なポイントです。

 

パウダータイプやリキッドタイプに比べてずっと少量・薄付けでも効果が得られるので厚塗りを避けながらきれいに仕上げていきましょう。

 

コツはパフやスポンジをうまく活用し、鼻筋など塗布しにくい部分を塗付していく点です。

 

エマルジョンファンデーションはクリーム状から液状、最後にパウダー状になる

一方エマルジョンファンデーションはリキッドタイプとファンデーションタイプ、さらにクリームタイプの特徴を兼ね備えたようなタイプで、クリーム状をしている状態から肌に塗付すると液状になり、さらに水分が蒸発するとパウダー上になって肌にしっかり密着する作用を備えています。

 

つまり肌を擦らずに塗りやすく、カバー力にも優れ、しかもクレンジングで負担をかけずに落としやすいといういいことづくめの内容なのです。

 

肌質を問わず使いやすく現在もっと最先端の技術が導入されたファンデーションのタイプといってもよいでしょう。

 

最新の技術・処方が導入されていることもあって製品ごとの内容も異なっており、特定の目的を重視して作られたものも少なくありません。

 

保湿力を重視したもの、化粧崩れを防ぐ効果に優れているもの、カラーの選択肢が多いものなど。

 

ですから使い心地だけでなく自分の目的や抱えている悩みを改善するのに適しているのかを踏まえたうえで適した製品を選んでいくことが大事です。

 

使い勝手も非常によいのでとくに使い方の注意点はなく、通常のファンデーションの使い方、額、両頬、小鼻、顎の5点から広げていきながらムラなく塗っていきます。

 

スポンジを使うのが基本なので適量を心がけてあまり擦らないよう気をつけて塗るのがポイントです。

《クリームの選び方・使い方のまとめ》

  • こってりしたテクスチャーなのでムラなく塗付していくことがポイント
  • 少量・薄付けでも効果が得られるので厚塗りを避けながらきれいに仕上げること
  • パフやスポンジをうまく活用し鼻筋など塗布しにくい部分をしっかりカバーすること

《エマルジョンファンデーションの選び方・使い方のまとめ》

  • 自分の目的や抱えている悩みを改善するのに適しているファンデーションを選ぶこと
  • 擦らないよう内側から外側に広げながらムラなく塗付すること

クッションファンデーションの選び方・使い方

クッションファンデーションとはリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの中間、両方のよいところを取り入れたような内容になっているファンデーションです。

水分量が多く、サラッとした感触で専用のパフにとって塗布する

これまでファンデーション選びではリキッドタイプとパウダータイプのどちらがよいか、メリットとデメリットがよく比較されていましたが、このクッションファンデなら両方のよいところを活かしつつベースメイクを行っていくことができるのです。

 

水分量が多くサラっとした感触をしており、専用のパフにとったうえで肌に塗付していく形になります。

 

パウダーのような手軽な感覚でリキッドファンデーションを塗っていくことができる、リキッドタイプのように液垂れなどの問題が起こりにくく使いにくいといった点がないなどのメリットがあります。

 

しかもパウダータイプのように時間をかけずにムラなく塗付することができるうえにリキッドファンデーションなみの優れたカバー力を備えていますし、厚塗りを避けながら自然なシミやシワなどの肌トラブルを目立たなくさせることができます。

 

クッションファンデーションを選ぶ際にはこうした特長・メリットを踏まえながら自分がどんな効果を求めているのかをはっきりさせた上で製品を比較検討していきましょう。

 

カバー力を重視するか、素肌感やツヤを重視するか、あるいは使い勝手のよさを重視するか。

擦るのではなくタッピングの感覚で軽く叩き込む形で塗布していく

たとえばこれまでパウダーファンデーションを使っていた方が切り替える場合にはカバー力や素肌感が重要になってくるでしょうし、リキッドファンデーションから切り替える場合には使い勝手のよさやサラサラといた感触が大事な基準となるでしょう。

 

つまりこれまで使ってきたファンデーションで満足できなかった部分をクッションファンデーションで得ることができるかが選ぶうえで問われるわけです。

 

ですからまず自分がファンデーションに何を求めているのかをはっきりさせたうえで選びましょう。ひとりひとり選ぶ基準が異なってくるのもこのタイプの特徴です。

 

使い方のポイントは専用のパフを使用する点です。

 

摩擦の負担を避けながらムラなく塗付していくためには少し工夫も必要になります。

 

擦るのではなくタッピングの感覚で軽く叩き込む形で塗付していきましょう。

 

またパフにとる量が多すぎると厚塗りになってしまうので要注意、パフ全体にベッタリととるのではなく、軽く乗せるくらいの量を随時足していくのがポイントです。

 

鼻筋や目元など塗布しにくい部分はパフを折りたたむなど細かく調節しながらこまめに塗っていくとしっかり仕上げることができます。

《クッションファンデーションの選び方のまとめ》

  • カバー力を重視するか、素肌感やツヤを重視するかなどどんな効果を求めているのかをはっきりさせた上で製品を選ぶこと

《クッションファンデーションの使い方のまとめ》

  • 専用のパフで摩擦の負担を避けながらムラなく塗付すること
  • 軽く乗せるくらいの量を随時足していくのがポイント

おすすめPOLAのベースメイク>>

おすすめPOLAのベースメイク

B.A プロテクター(日焼け止め)

B.A プロテクター

紫外線・近赤外線・乾燥から肌をしっかり守る!B.Aの日中用エイジングケアクリーム
11,880円・税込(SPF50、PA++++)
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムM シルキーグロー(化粧下地)

B.A デイセラムM シルキーグロー

B.Aの美容成分も贅沢配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムL ブライトアップ(化粧下地)

B.A デイセラムL ブライトアップ

ブライトアップ効果で明るく自然な肌トーンに調整してくれる日中用美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A パウダリィバームファンデーションM(パウダーファンデーション)

B.A パウダリィバームファンデーションM

軽やかなのに艶めく上品な仕上がりにしてくれるB.Aで最も人気のファンデ―ション
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A クリーミィファンデーションM(クリームファンデーション)

B.A クリーミィファンデーションM

高いカバー力と保湿力が魅力!毛穴をしっかりカバーしながらエイジングケアも
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ リキッド ホワイト(リキッドファンデーション)

ポーラベースメイクホワイティシモリキッド

リキッドだけどテカらない!きめ細かな仕上がりで紫外線も夏の乾燥もケア
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>