化粧下地の効果とは?化粧下地の役割を知っておこう!

化粧下地は美容液、クリームといった基本的なスキンケアの後、そしてファンデーションの前に使用するアイテムです。

化粧下地はファンデーションの密着性を高め化粧崩れを起こしにくくさせる

下地という名前の通りメイクをしやすい下地を整えるために使用します。

 

ですから必ず必要なアイテムというわけではないのですが、使うことでファンデーションの効果を高めるだけでなく、肌への負担を軽減できるといったさまざまなメリットを得ることもできるのです。

 

この化粧下地の最大の役割はファンデーションの密着性を高めてくれる点です。

 

ファンデーション選びのポイントはカバー力と密着性のバランスにあるといっても過言ではありません。

 

とくに年齢を重ねた肌があまりカバー力の高い製品を選んでしまうと落とす際に肌への刺激が強いクレンジングを使わなければならなくなり、ダメージをもたらす原因になってしまいます。

 

しかし化粧下地をあらかじめ使っておくとファンデーションを肌に密着させることができるので化粧崩れを起こしにくく、しかもメイクを落としやすい環境にすることができます。

 

これまでクレンジングで肌に負担をかけてしまっていたのではないか、と思う方は化粧下地を見直してみるとよいでしょう。

 

化粧下地そのものがカバー力を備えているのでファンデーションの役割を補うことができる点も魅力です。

コントロールカラー機能で肌色を補正することで自然に明るく見せる効果も

つまりこれまでカバー力と密着性が高いファンデーションを使ってきた方は化粧下地を見直すことでよりメイクを落としやすい製品を選びつつ、カバー力を高めることができるため肌への負担を軽減しつつトラブルを目立たなくさせる効果だけをアップさせられます。

 

これは年齢肌にとっては非常に大きなメリットとなるでしょう。

 

密着性を高めるということは化粧崩れを防ぐこともできるわけで、脂性肌や夏場など皮脂の脂浮きが気になるときに使用するとメイクを仕上げたときの状態を長持ちさせることができます。

 

こちらは脂性肌にとっては大きなメリットになるはずです。

 

近年ではさまざまな効果を備えた化粧下地も登場しており、今ではUVカット効果を備えているのが当たり前になっています。

 

またコントロールカラーの役割を備えたものもあり、ファンデーションの前に肌の色を補正することでより自然に明るく、透明感を引き出すことも可能です。

 

血色や透明感の低下、肌のトーンが暗くなって困っている方はこの色の補正効果を重視して選んでみるのもよいかもしれません。

 

このように現在の化粧下地にはじつに幅広い役割とメリットを備えており、賢く活用することで肌への負担を和らげつつメイクの効果を高めていくことができるのです。

《化粧下地の効果のまとめ》

  • 化粧下地を塗ることで化粧崩れを起こしにくく、メイクを落としやすい環境をつくる
  • 化粧下地そのものがカバー力を備えている
  • ファンデーションの前に肌の色を補正することでより自然に明るく、透明感を引き出すことも可能

おすすめPOLAのベースメイク>>

化粧下地をつける順番は?ベースメイクの種類と順番を知っておこう!

化粧下地はベースメイクの基本、ファンデーションの前に使用するのが原則です。

基本的には化粧下地はスキンケアの後に使用する

ただ使い方にはいくつかのバリエーションや工夫もあり、肌の状態や抱えているトラブルなども踏まえたうえで自分にとって適した順番や使い方を踏まえておくことが大事です。

 

ベースメイクとはその言葉通り「メイクの土台、基礎」といった部分です。

 

基本的には化粧水から美容液、クリームまでのスキンケアと化粧下地、ファンデーションまでを範囲として含めます。

 

どうしてもベースのメイクというとファンデーションにばかり意識が向いてしまうものですが、スキンケアや化粧下地も正しい形で行っておかないとファンデーションの効果を十分に引き出せず、ベースメイクはうまくいかないことになってしまいます。

 

このベースメイクの種類と順番に関しては化粧下地をどのタイミングでどう使うかが重要なポイントとなってくるでしょう。

 

ファンデーションの前に使用するわけですが、その前のスキンケアとの関係はどうなのか?なども知っておきたい部分です。

 

最近ではオールインワン化粧品に化粧下地の役割が備わっているものが増えていますが、基本的に化粧下地はスキンケアの後に使用します。

 

ですから化粧水、美容液の後に乳液でケアを締めくくった場合にはその後にクリームで締めくくった場合にクリームの後ということになります。

 

つまり自分がスキンケアの際にどのアイテムを最後に使用するかによって順番にも違いが出てくるわけです。

 

脂性肌の方は乳液、クリームを使っていないというケースもあるでしょうからこの点を忘れないようにしましょう。

スキンケア直後に下地を使うとカバー力や化粧ノリ効果が薄れてしまう

注意したいのはスキンケアを済ませた後そのまますぐに化粧下地を使うわけではない点です。

 

スキンケアの直後は美容液の有効成分や乳液、クリームの油分がまだ肌の表面に残っています。

 

これがしっかり吸収されてなじむ前に下地を使ってしまうと混ざり合ってしまい、せっかくのカバー力やファンデーションのノリをよくする効果が薄れてしまうのです。

 

スキンケアを終えたらある程度時間を置いて肌にしっかりなじんだことを確認したうえで使うようにしましょう。

 

順番そのものよりも間隔とタイミングを意識したいところです。

 

化粧下地の次にファンデーション…といきたいところですが、外出する際や日差しが強い日は日焼け止めを使用するケースも出てくるでしょう。

 

じつはここが意見が分かれる部分で、化粧下地の前に使うという意見と後に使うべきという意見があります。

 

どちらが正しいのかは実際に使ってみたうえで判断することになるでしょう。

 

こうした下準備を整えた上でファンデーション、という順番となります。

《化粧下地をつける順番のまとめ》

  1. スキンケアで肌を整える
  2. ある程度時間を置いてスキンケア化粧品が肌に馴染んでから化粧下地を塗付
  3. 外出する際は日焼け止めを塗る ※化粧下地の前に塗る方法もあり
  4. ファンデーションを塗付

化粧下地の効果を高める上手な使い方

化粧下地は目立たないアイテムですがメイクの仕上がりを大きく左右する重要な役割を担っています。

スポンジなどで細部にもしっかりムラなく塗布することが基本

それだけに単に使うだけではなくできるだけ効果を高められるような使い方を心がけましょう。

 

まず基本中の基本はできるだけムラにならず均一に塗付していくことです。

 

ムラができてしまうとせっかくファンデーションのノリをよくすることができるのに場所によってその効果に差が出てしまいます。

 

うまく塗付できなかった場所はファンデーションがうまく密着せず、逆に多すぎた部分は化粧崩れを起こしやすくなる。そのためムラなくきれいに塗っていけるよう意識しましょう。

 

そのポイントはスポンジをうまく活用していくことです。

 

まず化粧下地を額、両頬、小鼻、顎の5ヶ所に置いたうえでそれぞれ円を描くように広げていくのが基本的な使い方ですが、鼻筋や目元、口元など起伏がある部分がムラなく仕上げていくのが難しいものです。

 

そんな時には細かい部分をスポンジで押し付けるようにして塗付していくとムラなく仕上げていくことができます。

 

また、ひと通り塗付し終わったら全体をスポンジで軽く押さえつけると馴染ませることができるのでお勧めです。

 

その際にはくれぐれも肌を擦って刺激を与えないよう注意しましょう。

口元や目元などよく動く部分は厚塗りするとかえってシワが際立ってしまう

また口元はシワや乾燥が気になる部分なのでどうしても厚塗りになってしまいがち。

 

しかし塗りすぎるとかえって不自然な仕上がりになってしまうので薄く塗付するのが原則です。

 

表情を浮かべたときによく動く部分でもあるので厚塗りをするとかえってシワが際立ってしまうという問題点もあります。

 

この点は目元も同様で、ひと通り塗付した後に指に残っていた分を軽く塗付して伸ばしていく使い方をすると厚塗りを避けることができるので試してみましょう。

 

スキンケアでクリームを使った場合にはすぐに化粧下地を使うのではなくある程度時間をおいてクリームの油分が肌に馴染んだタイミングを見計らって使うのも大事な点です。

 

もともと化粧下地には皮脂(油分)を吸収することで化粧崩れを防ぐ働きがあります。

 

ですからまだクリームの油分が肌表面に残っている段階で使ってしまうとせっかくのクリームの効果が損なわれてしまうだけでなく、肝心の皮脂を吸着させて化粧崩れを防ぐ効果が薄れてしまう恐れがあるのです。

 

どれぐらい時間をあけるかは肌質やクリームの量によっても違うので実際に試してみたうえで適切なタイミングを見計らっていきたいところです。

 

こうした基本的な使い方のポイントを踏まえておくだけでも化粧下地の効果を高めた上でベースメイクに役立てていくことができるはずです。

《化粧下地の効果を高める使い方のまとめ》

  • 細かい部分をスポンジで押し付けるようにして塗付していくとムラなく仕上げていくことができる
  • 化粧下地は薄く塗付するのが原則
  • スキンケアした後は少し時間をおいてから化粧下地を塗ること

おすすめPOLAのベースメイク>>

おすすめPOLAのベースメイク

B.A プロテクター(日焼け止め)

B.A プロテクター

紫外線・近赤外線・乾燥から肌をしっかり守る!B.Aの日中用エイジングケアクリーム
11,880円・税込(SPF50、PA++++)
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムM シルキーグロー(化粧下地)

B.A デイセラムM シルキーグロー

B.Aの美容成分も贅沢配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムL ブライトアップ(化粧下地)

B.A デイセラムL ブライトアップ

ブライトアップ効果で明るく自然な肌トーンに調整してくれる日中用美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A パウダリィバームファンデーションM(パウダーファンデーション)

B.A パウダリィバームファンデーションM

軽やかなのに艶めく上品な仕上がりにしてくれるB.Aで最も人気のファンデ―ション
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A クリーミィファンデーションM(クリームファンデーション)

B.A クリーミィファンデーションM

高いカバー力と保湿力が魅力!毛穴をしっかりカバーしながらエイジングケアも
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ リキッド ホワイト(リキッドファンデーション)

ポーラベースメイクホワイティシモリキッド

リキッドだけどテカらない!きめ細かな仕上がりで紫外線も夏の乾燥もケア
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>