乾燥肌の人のベースメイク(化粧下地・ファンデーション)の選び方

乾燥肌のベースメイクはまず化粧下地にこだわってみましょう。

カサついた肌を明るく見せ凸凹をならす化粧下地を使うのがオススメ

乾燥で肌の表面がガサガサになっているとどうしてもトーンが暗くなってしまいますし、凹凸が目立って影ができてしまいがちです。

 

まず化粧下地で明るくし、凹凸をならしたうえでファンデーションを使うことで乾燥肌ならではの問題点をうまくカバーしていくことができます。

 

とはいえ化粧下地をたっぷりと使えばいいというわけではもちろんありません。

 

適量を踏まえ、肌に負担をかけない範囲内で使っていきましょう。

 

まずカラーに関しては不自然にならずにトーンを明るくすることができるイエローやベージェ系統がオススメ、もう少し明るめに、という方はオレンジ系のカラーも選んでみましょう。

 

この点をとくに重視したい方はコントロールカラーの役割も備えた化粧下地がオススメです。

 

適量には個人差が出てきますがパール粒くらいの大きさを目安にしましょう。

 

この大きさを額、両頬、顎、鼻の5ヶ所に置き、それを顔の内側から外側に向かって広げて伸ばしていきます。

 

指の腹で丁寧に伸ばしていくこと、目元や小鼻などムラなく塗付するのが難しい部分は慎重に行うことが大事な点です。

 

鼻筋など凹凸がある部分ばスポンジを押し当てて馴染ませるなどの工夫も取り入れてみましょう。

 

バリア機能が低下している乾燥肌は指やスポンジで擦るとダメージが蓄積してしまうのでこの点にも気をつけましょう。

ファンデーションはカバー力ではなく低刺激を重視して選ぼう

化粧下地をムラなく顔全体に塗付することができたら次はファンデーションです。

 

化粧下地で凹凸をならした分ファンデーションはカバー力ではなく低刺激を重視して選ぶようにしましょう。

 

ついついシミや小じわを隠そうとカバー力の高いリキッドファンデーションなどを選んでしまいがちですが、乾燥肌がこうしたタイプを使用するとクレンジングの際に肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

乾燥肌にはパウダーファンデーションが適しています。

 

パフやブラシで塗付する際の摩擦の刺激が気になりますが、その点に注意して塗付していけば毛穴にうまくフィットとして気になる部分を目立たなくさせることができますし、化粧下地をしっかり使っておけばカバー力を高めつつ化粧崩れを防ぐこともできます。

 

しかもクレンジングの際にあまり刺激を与えずに無理なく落としていくことができます。

 

パウダータイプではカバー力がちょっと心もとない、という場合にはクリームファンデーション・エマルジョンファンデーションもおすすめです。

 

厚塗りに十分注意し、薄付けを意識しながらこれらのタイプを使っていけば肌に負担をかけずに保湿とカバー力の両方をベースメイクに取り入れていくことができるはずです。

《乾燥肌の人のベースメイクのまとめ》

  • 自然に肌を明るく見せるためイエローやベージェ系統の化粧下地がおすすめ
  • ファンデーションはカバー力ではなく低刺激を重視して選ぶこと
  • 乾燥肌はパウダーファンデーションがおすすめ

おすすめPOLAのベースメイク>>

敏感肌の人のベースメイク(化粧下地・ファンデーション)の選び方

敏感肌はバリア機能が低下していることで思うようにメイクができないというケースが多いものです。

ファンデーションの負担を和らげるためにも化粧下地を使いたい

それだけにベースメイクは肌への負担を最小限に抑えつつ、肌そのものを保護していけるような形で行っていきたいところ。

 

化粧下地、ファンデーション選びでもその視点を踏まえた慎重な検討が求められます。

 

敏感肌のベースメイクではとりわけ化粧下地が重要なポイントとなるでしょう。

 

ファンデーションの前に使用するアイテムですから肌への影響も大きいですし、ファンデーションの負担を和らげる目的で使用することもできます。

 

選び方のポイントとしては保湿成分が配合され刺激の少ない製品であること、敏感肌向けの化粧下地も発売されているのでチェックしてみるとよいでしょう。

 

保湿成分は必ずしも必要ではないとの意見もありますが、美容液やクリームでの基本的なスキンケアだけでは刺激に敏感な状態が思うように改善できない場合には化粧下地でもケアしていく視点も必要です。

 

それからUVカット効果をどれだけ備えているか。

 

紫外線の刺激から肌を保護するという点ではUVカット効果は魅力的な点ですが、あまり効果が高いとそれが肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

日ごろどれだけ紫外線を浴びるのか、乳液や日焼け止めでどれだけ紫外線対策を行っているのかなども踏まえた上で適切な範囲内のUVカット効果を備えているものを選びましょう。

 

SPF、PAの数値が高ければよいというわけではない点は重要です。

鉱物(ミネラル)を原材料に作られたミネラルファンデーションは低刺激

あとはファンデーションのノリをよくしてカバー力と密着性を高めてくれるもの、肌を色を補正してくれるものを選べれば完璧です。

 

カラーに関しては無難にイエローやベージュ系統、赤みが気になる場合にはグリーン系統が適していますが、後者に関しては不自然にならないよう肌との相性に注意して選ぶようにしましょう。

 

ファンデーション選びではとにかく厚塗りを避け、クレンジングの負担をさけながら使っていけることが大前提です。

 

クリームファンデーションやリキッドファンデーションよりもパウダーファンデーションがおすすめ、とくに鉱物(ミネラル)を原材料に作られたミネラルファンデーションは肌に優しく敏感肌に適しています。

 

このタイプはカバー力こそ少々物足りませんが敏感肌向けに作られたものも多く、「肌が敏感でメイクも満足できない」とお悩みの方にとっては最適な選択肢となってくれるでしょう。

 

そのほか添加物や伸びがよく肌をあまり擦らずに塗付していけるかといった点も意識して選べば敏感肌でも無理なくベースメイクを行っていくことができるはずです。

《敏感肌の人のベースメイクのまとめ》

  • 敏感肌は保湿成分が配合され刺激の少ない化粧下地を選ぶこと
  • 紫外線を浴びる環境にあったUVカット効果化粧品を選ぶこと
  • 敏感肌はミネラルファンデーションがおすすめ

脂性肌の人のベースメイク(化粧下地・ファンデーション)の選び方

脂性肌にとってベースメイクの最大の悩みは化粧崩れを起こしやすい点でしょう。

下地を使い密着性を高めることで化粧崩れを防ぐことができる

皮脂の分泌量が多いとどうしてもメイクが崩れやすく、日中に何度も直さなければならないといった問題がでてきます。

 

この化粧崩れを防ぐという点でファンデーションのノリをよくする化粧下地は大きな役割を担っています。

 

ファンデーションだけを使用するよりも格段に密着性が高まるからです。

 

ですから選ぶ際のポイントは皮脂を吸収する効果を備えているかと、肌とファンデーションの密着性を高める効果を備えているかの2点が最優先です。

 

化粧下地の中には特殊なパウダーを採用することで余分な皮脂を吸着させる働きを備えたものもあります。

 

10時間以上メイクをした当初の状態を維持できる効果をセールスポイントにしている製品も多く、脂性肌の方はこの点を意識して選んでみましょう。

 

化粧崩れだけでなくテカり対策でも大きな意味を持ってくる部分です。

 

また密着性を高める効果でも特殊な処方で肌とファンデーションを結びつける働きを備えている製品が登場しています。

 

こうした最新の技術・処方を各製品の紹介ページでチェックしながら選んでいけばよい化粧下地を選ぶことができるはずです。

余計な皮脂を吸着する効果を備えたファンデーションもオススメ

あとは紫外線対策に優れているか。

 

乾燥肌・敏感肌の場合は肌への刺激が気になって化粧下地・ファンデーションで思うように紫外線対策ができないものですが脂性肌ならそうした心配もありません。

 

自分が日ごろ紫外線を浴びるシチュエーションに合わせてしっかり防ぐことができる製品を選びましょう。日常のちょっとした外出程度ならSPF20〜30、PA+++程度が目安です。

 

ファンデーション選びでも化粧崩れに注意が必要ですが、厚塗りになって不自然な仕上がりならないよう、自然に仕上げられるかを意識して選んでみましょう。

 

また表面のテカりが気になるので光を補正する効果を備えたファンデーションで全体をやわらかく透明感を演出できるようなベースメイクをしたいところ。

 

クリームファンデーションは油分が多く脂性肌には向いていませんから、基本的にはリキッドタイプかパウダータイプから、必要に応じてエマルジョンファンデーションも選択肢に加えてみましょう。

 

カバー力を重視するならリキッドタイプ、テカり、化粧崩れを防ぎ光を補正する効果を重視するならパウダータイプが適しています。

 

後者に関しては化粧下地と同様余分な皮脂を吸着する効果を備えているものがオススメです。

 

乾燥肌・敏感肌とはまた違った点で選び方が難しい部分も出てきます。使ってから数時間経過したときの感触で判断してみるとよいでしょう。

《脂性肌の人のベースメイクのまとめ》

  • 余分な皮脂を吸着させる働きを備えた化粧下地を使うこと
  • 脂性肌は崩れやすいのでファンデーションの密着性を高める化粧下地を使うこと
  • 脂性肌はリキッドタイプかパウダータイプのファンデーションがおすすめ

おすすめPOLAのベースメイク>>

おすすめPOLAのベースメイク

B.A プロテクター(日焼け止め)

B.A プロテクター

紫外線・近赤外線・乾燥から肌をしっかり守る!B.Aの日中用エイジングケアクリーム
11,880円・税込(SPF50、PA++++)
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムM シルキーグロー(化粧下地)

B.A デイセラムM シルキーグロー

B.Aの美容成分も贅沢配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムL ブライトアップ(化粧下地)

B.A デイセラムL ブライトアップ

ブライトアップ効果で明るく自然な肌トーンに調整してくれる日中用美容液下地
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A パウダリィバームファンデーションM(パウダーファンデーション)

B.A パウダリィバームファンデーションM

軽やかなのに艶めく上品な仕上がりにしてくれるB.Aで最も人気のファンデ―ション
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

B.A クリーミィファンデーションM(クリームファンデーション)

B.A クリーミィファンデーションM

高いカバー力と保湿力が魅力!毛穴をしっかりカバーしながらエイジングケアも
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ リキッド ホワイト(リキッドファンデーション)

ポーラベースメイクホワイティシモリキッド

リキッドだけどテカらない!きめ細かな仕上がりで紫外線も夏の乾燥もケア
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>